お問い合わせフォーム

n-ヘキサン(油脂)除去対策

油脂混入排水への取り組み

油脂混入排水への対応

昔の日本と比べ、和食中心の食生活から欧米化の食生活へと進み、近年では健康食ブームなどが増え、食の多様化が進みました。また、ファミレスやファーストフード店、コンビニ等で販売されている揚げ物など、油脂を多く含む食品の製造が増えています。そのため、食品製造工場、外食産業では、排水中への油脂の混入による活性汚泥処理のトラブルが増加しています。

調整槽に浮上したオイルボール
調整槽に浮上したオイルボール
食品製造工場の排水処理では油脂対策が非常に重要となっています。

加圧浮上装置等で油脂分離を行っている施設でも、エマルジョン化した油脂や、加圧浮上装置等で除去しきれなかった油脂分が、活性汚泥処理槽(曝気槽)に流入し、過負荷の原因となったり活性汚泥の微生物叢のバランスを崩してしまいます。微生物叢のバランスが悪くなると、処理水質の悪化や汚泥の沈降不良などトラブルの原因になってしまいます。

弊社では、原水中の油脂分を微生物が分解しやすいレベルにする油脂分解剤と油脂分解を目的とした微生物剤。また、活性汚泥の回復・機能向上を行う栄養剤などもございます。
詳しい製品の内容や、油脂トラブルでお困りの際は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

その他、排水処理関連製品につきましては、排水・汚水処理剤一覧のページをご覧ください。

ページの先頭へ戻る