最近の夏

台風12号

台風12号

先の西日本豪雨の被災地をなぞるように異常な進路を進んだ台風12号は、勢力を弱めつつもまだ九州南部西岸に居座ってますが、九州北部は台風一過とまではいかないまでも穏やかな天候となっております。近年の天候はもはや十数年前のそれとは明らかに異なっており、古来「夕立」と呼ばれていたにわか雨もその猛烈ぶりから「ゲリラ豪雨」と名を変え、私の幼少時には気温30℃を超えるだけでニュースになっていたのに、最近は普通に気温35℃以上を記録するようになりました。年配の世代では「暑さに耐えることで体が強くなる」という意識が強いようですが、そんな「精神論」が通用するような生易しい暑さではありません。潔く政府広報や医師の指導に従って、冷房を使用するなどの適切な暑さ対策と十分な水分・塩分補給を行って頂きたいと思います。特に冷房に関しては「電気代が勿体ない」のではなく、使うべき時に使うべき道具を使わないこと(=エアコンの代金)の方が勿体ないです。道具は使ってなんぼですから。僅かな電気代を節約して、エアコン代を無にし、体調崩して医療費が掛かれば本末転倒です。命大事に、できればなるべく快適に過ごしたいと思います。

 Iの世界の さらにいくつもの 片隅に

この世界のの世界の さらにいくつもの 片隅に

さて、明日から八月です。八月は終戦記念日や原爆の日があり、先の大戦を思う機会でもあります。以前の投稿で紹介した「この世界の片隅に」は公開から2年以上経った今に至ってもなお奇跡のロングランを続けており、このお盆の時期に絡めて再上映を行う劇場や、各地の市民団体などによる無料上映会が数多く予定されているようですので、この夏も何度か劇場に足を運ぼうと思います。また、時間の関係でカットされたシーンを30分ほど追加した「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が今年の12月に公開予定とのことで、今から楽しみにしております。

九州営業所 林

3+
カテゴリー: 社長 パーマリンク