スペースデブリ、宇宙ごみを知っていますか?

スペースデブリ
耐用年数を過ぎ機能を停止した、または事故や故障で使えなくなった人工衛星の破片、ロケット本体や部品、宇宙飛行士の落とした工具や手袋などの地球の衛星軌道上を周回している人工物体の事です。
先進国の宇宙開発によってその数は年々増え続けています。
スペースデブリは秒速7kmから12kmの速度に達する物が存在しており、稼働中の人工衛星やスペースシャトル、宇宙ステーションに直撃し、破壊してしまう事があります。これらは、今後の宇宙開発の大きな障害となっているそうです。

不要物を意図的に投棄している訳ではありませんが、今まで陸上・海にゴミを捨ててきた人類は、近い将来、家庭ゴミすら宇宙に捨てる日がやってくるかもしれません。
そんな事にならない為にも、リサイクルなど出来る事から始めましょう。

1+
カテゴリー: 埼玉工場 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA