粘性バルキング対策

今後ますます重要となる粘性バルキング対策

粘性バルキングとは、曝気槽内で、未分解の炭素源等が粘性物質に変化し、曝気槽水の粘度が著しく増加した結果、汚泥がバルキング状態になることをいいます。

粘性バルキングが発生し、曝気槽水の粘度が増加すると、汚泥沈降速度が極端に遅くなり、汚泥流出などのトラブルが発生します。近年、食品製造工場の排水処理施設では、製造原料の多品種化に起因する粘性バルキングの発生例が多く見られます。

現場に応じたきめ細かなバルキング対策をお届けします

排水処理対策は個々の現場の運転状況、原水水質等によってきめ細かな対応が必要です。弊社では、貴社の原水および排水処理施設の状況、バルキング発生状況を十分調査した上で、状況に応じた各種製品の提供と、施設の運転管理の技術的アドバイスをいたします。

ページの先頭へ戻る