糸状性バルキング対策

排水処理の難敵 糸状性バルキング

糸状性バルキング汚泥の顕微鏡写真
食品製造排水で発生した糸状性細菌
糸状菌対策は、原水の水質、施設の稼働状況等に応じた適切な管理が必要です。

糸状性バルキング(糸状菌バルキング)とは、曝気槽の活性汚泥中に糸状性細菌等が大量発生した結果、汚泥がバルキング状態になることをいいます。

糸状性細菌が曝気槽の活性汚泥中に大量発生すると、これらを完全に駆逐する事は困難で、バルキング状態から回復するためには多大の時間を費やす結果となります。

また、糸状性細菌を駆逐した後の活性汚泥は、汚泥自体の機能が低下している事が多く、シーディングを新たに行うことが必要なケースも多々みられます。

現場に応じたきめ細かなバルキング対策をお届けします

排水処理対策は個々の現場の運転状況、原水水質等によってきめ細かな対応が必要です。弊社では、貴社の原水および排水処理施設の状況、バルキング発生状況を十分調査した上で、状況に応じた各種製品の提供と、施設の運転管理の技術的アドバイスをいたします。

ページの先頭へ戻る