バルキング対策

排水処理の難敵バルキングへの挑戦

バルキングの現状とサナの対応

バルキング汚泥沈降試験
バルキング汚泥沈降試験
(左:対照試験、右:サナ添加)

排水処理施設の維持管理においてバルキングは最大のトラブル原因です。バルキングとは、一般的に、汚泥容量指標(SVI)が200を超え、汚泥が膨化した状態を言います。

バルキングが発生すると、沈殿池では汚泥の沈降不良が顕著になり、その結果、処理水に汚泥が流出し、処理水質が悪化します。バルキングは現在の排水処理が抱える最も重要な問題と言えるでしょう。

バルキングには、糸状性細菌の異常増殖に起因するものや粘性物質の多量生産による汚泥粘性の増加に起因するもの等、いくつかのタイプがありますが、いずれの場合も、原水水質(基質)の偏りや、負荷変動により、活性汚泥槽(曝気槽)内の生物バランス等に異常を起こした際に発生しやすくなります。

弊社では過去の実績を生かし、貴社の排水処理施設で発生しているバルキングの種類及び原因を調査特定し、排水処理施設の状況を総合的に判断して、適切な対策剤および管理技術をご提供いたします。

詳細につきましては、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る