排水処理施設の復帰対策

操業再開時の活性汚泥の立ち上げはお任せ下さい!

活性汚泥にとっての非常事態

災害による設備故障や停電長期休業時の排水量の急減 ・・・・操業停止時の排水処理施設の急激な運転条件の変化は活性汚泥にとっての非常事態です!

操業停止時に活性汚泥が深刻なダメージを受けると、施設再開時に管理が困難な状況になることが予想されます。

故障・停電等によりブロワーが長期停止した場合の例

  • ブロワー送風停止により活性汚泥、生物膜などの微生物が死滅して腐敗する。
  • ブロワー送風再開時に原水槽、調整槽、曝気槽などから多量の悪臭が拡散する。
  • 有用微生物の死滅または衰退により運転再開時に本来の処理能力(BOD分解、沈降分離)に復帰しない。

操業停止により工場排水が減少した場合の例

  • 低負荷により活性汚泥や生物膜が解体し、処理水が濁る。
  • 低負荷により硝化が過剰に進行すると沈殿槽で汚泥浮上汚泥流出が発生する。
  • 低負荷により活性汚泥や生物膜が衰退するので負荷量が通常に戻った際に処理が追いつかず未処理となる。

微生物たちが主役である活性汚泥処理は、いったん微生物がダメージを受けると、BOD、COD等の処理水質の悪化は免れません。また状況によっては悪臭対策が必要になる場合もあります。

弊社は、操業停止によりダメージを受けた活性汚泥を速やかに回復させるシーディング剤をはじめ、既存排水処理施設の潜在処理能力を引き出す各種排水処理剤各種用途に応じた業務用消臭・脱臭剤の提供と技術スタッフによる管理アドバイスを行っています。

操業停止中の排水処理施設の復帰対策につきましてはサナにお任せ下さい!
  • 施設状況により施設の復帰対応策は変わります。
  • 施設の状況を調査した上で、適切な復帰対策をご提案させて頂きます。
  • 詳細につきましては、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る