会社沿革

株式会社サナについて


昭和44年 7月  有限会社秋山商会設立(資本金200万円)。
昭和45年10月  土壌微生物、酵素等の応用による脱臭剤を完成。
汚物、し尿、畜産分野に進出。
昭和47年 4月  業界唯一のゲル香料完成。
昭和47年 5月  資本金400万円に増資。
し尿処理場、浄化槽メンテナンス、畜産廃水処理施設、公害防止分野に新しい方向を示す。
昭和53年 5月  埼玉県児玉町に工場用地(約 3,200 m2)取得。
昭和54年 4月  畜産肥料添加物の認可を受け、新タイプのミネラルプレミックス剤を開発。
昭和55年 3月  埼玉県児玉町に埼玉工場を建設。
昭和56年 5月  有限会社アキヤマに名称変更。
昭和58年10月  環境計量証明事業、土壌分析診断事業を開業。
昭和60年 2月  九州福岡市に九州支社開設。
昭和60年12月  埼玉工場隣接地を取得(約 2,000 m2)。
埼玉工場敷地内に第2号工場建設。
昭和61年 4月  埼玉工場隣接地を更に取得(約 800 m2)。
平成元年 7月  岩手県一関市に東北営業所開設。
平成 3年 7月  限りなく無農薬を旗印にゴルフ場、芝、維持管理に進出。
平成 6年 8月  資本金1,000万円に増資。
平成 7年 3月  株式会社サナに改名。
平成15年 3月  所沢市内に本社社屋ビル取得(鉄筋3階建)。
平成15年 4月  本社移転。
平成16年 4月  福岡県糟屋郡粕屋町に九州支社用地取得(約 540 m2)。
平成16年 8月  九州支社新社屋完成により移転。
平成19年10月  岩手県一関市滝沢に東北営業所用地取得(約 796 m2)。
平成19年12月  東北営業所新社屋完成により移転。
平成20年6月  業務拡大に伴い、埼玉工場にて隣接工場跡地を取得。

  • 用地面積  (約 2000 m2
  • 建物面積  (事務所面積:約 140 m2、工場面積 :約 900 m2
平成22年9月  健全な財務内容が認められ、武蔵野銀行を引受人とする信用保証協会保障付私募債(エコ私募債)5千万円を発行。私募債の概要につきましてはこちらをご覧下さい。(PDF:68KB)

ページの先頭へ戻る